2012年02月18日

カノン

店内には客はおらず、スピーカーからはバッハベルのカノンが流れている。
マスター、ぼんやりと窓の外を眺めている。
「どうしたんですか?」とバイトの女の子、心配そうに。コーヒーカップを手に。
ちょっとね、とマスター、呟くように言って、ため息をひとつ。
「昨日、師匠みたいな人が亡くなってね。師匠っていうとヘンなんだけど。友だちでもないし、先輩でもないんだよね。具体的に何かを教わったわけでもないから、師匠っていうのもヘンでね。ただ、お世話になった、というだけでもないし。父親のようであり、おじいちゃんのようでもあり、友だちのようでもありっていう。ヘンな関係の人だね」
女の子がコーヒーを啜りながら頷く。
「何も教わってないこともないんだけど。教わったのは、どれもどうでも良いことばっかりでね。でも、知ってたら世界が愉しくなるっていう。前にも言ったけど、コロッケうどんとか、月亭花鳥の面白さとか、オンナゴコロについてとか」
マスター、笑いの混じったため息を漏らす。
「どこで知合ったんです? その方と」
マスター、一瞬考えて、
「15年くらい前になるかな。不思議な出会いだったね。当時好きなミュージシャンがいて、その音源ばかり聞いてたんだけど。結構昔のミュージシャンなんだけどね。
で、たまたま知合った自転車屋のオッサンていうのが、そのミュージシャンの事務所のスタッフだったていう、それだけなんだけど。とても遠い存在が一気に短くなってね。
知合ったときっていうのは、音楽とは全く無関係な政治関連の集会だったんだけど、ずっと音楽の話をしてたよ。それから、ずっと不思議な関係だったね」
女の子がマスターの目を見つめたまま、頷く。
「自転車屋以外に、カフェとか、内装業とか、デザインとかもしていてね。哲学とか、政治とか、人生論とか話すんだけど、同じレベルで音楽があって、美術があって、俗っぽいものがあって、料理があって−−。世界中のいろんなものが同じレベルで存在してるんだよ。適当でありながらテキトーではないんだね。
波長が合ったて言うのかな。何を話しても良いし、詳しく説明しなくても大丈夫っていう。見た目の雰囲気も似てたから、親子に間違われたこともあったよ」
マスター、煙草を取り出してくわえる。火を点けて、深く吸い込んで−−吐く。
「ちょっと見てみたかったですね」
「たぶん、見ていたら笑えるんじゃないかな。オレがふたりっていう感じで。
だけど、長いこと会ってなくてね。ひと月前に入院したって人伝に聞いたんだけど、また会えるだろう、ぐらいにしか思ってなかったから、見舞いにも行かなかったんだよ」
マスター、火の点いた煙草の先を見つめている。
「この曲は、そのオッサンの好きな曲でね」しみじみと頷いて、
「本当にヘンな人だったな」
女の子、ちょっとだけ笑って、「マスターがヘンな人って言うんだから、よほどヘンだったんでしょうね」と。
「まあ、道楽の人、だったからね。そこで共感してたんだと思う。あんまりいないから。
道楽って結構、知性が必要だから。亜沙美さんには難しいかも」マスター、ヒニクめいた笑みを浮かべる。
「失礼ですね。私、これでも知性の人って言われるんですからね、周りから」
「ヤマイダレの?」
マスターの言葉に、女の子の頬が膨れる。
それを見て、マスター、カラカラと笑い声を立てて。
窓の外では雪が舞って。レコード針が時を刻んでいく。
posted by flower at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶 ベダード   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

あんこ

「どうでもいい話しなんだけど」とマスター、コーヒードリッパーに細い線でお湯を注ぎながら。顔には難しい表情を浮かべている。
バイトの女の子、グラスを拭く手を留めてマスターを見つめている。
「どうでもいい話しなんだけど。ある意味、重要かな」ともう一度、マスター。
芳ばしい香りを立てながらコーヒーポットに暗褐色の液体が溜まっていく。
「亜沙美さんて、和菓子派? 洋菓子派? 端的に言えば、あんこか生クリームかって話しなんだけど」
その言葉にバイトの女の子、戸惑いの声を漏らす。
「悩ましい質問ですね」女の子の眉間には、皺が寄っている。
「ちょっと、これで今後の展開が変わるからね」マスターも渋い表情を浮かべて。
「何があるんですか?」
マスター、渋い表情のまま、顔を左右に降るばかりで応えない。
「どちらもって言うのはナシなんですか?」と云う問いには「ないね」と返す。
「私のベストは抹茶のアイスにつぶしあんが掛かっていて、生クリームが添えられているというものなんですけど。和の硬派な甘味に、生クリームと云う存在が加わることでふんわりした甘さになるんですよ。贅沢感のグレードが上がる感じで。
でも、どちらかで言うとあんこですね。私は硬派がウリですから。生クリームの軟派な感じには負けません」
難しそうな女の子の表情を見て、マスターの口から思わず笑いが漏れる。
「意外だね。女子だから生クリームって言うかと思ってたけど」
女の子、目に力を込めて、あんこです、と頷く。
「ちなみに、どれくらい好き?」
「そうですね、1キロのあんこをスーパーで買ってきて二日くらいで食べてた時期がありましたけど。一度に羊羹二本ぐらいなら平気ですし」
ドリップしたコーヒーをカップに注ぐマスターが驚きと笑いの表情を浮かべる。
「たぶんオレなら血糖値が高くなって、倒れるよ」
「三ヶ月目に、さすがにこれは、って私も思ったんですけど。でも、スイーツと心中するのは、ある意味オトメの本望ですからね」
「お母さんは、間違いなく悲しむと思うよ」
マスター、苦笑しながらカップを女の子の前に出す。
「で、何で訊いたかって言うと、新メニューを考えてて。こんな不況だから、売上を伸ばすために女の子ウケするメニューのひとつでもって。できれば、ラクに作れるヤツね。
で、思ったのが、コーヒーに生クリームを添えた、ウイーン風のヤツか、日本再発見な今の時流に乗って、あんこを入れるかって悩んでね。あと、コーヒーの本読んでたら、たまごの黄身を入れるのがあったんだけどね。いちいちたまごを割るのがメンドウだなって思って止めたけど」
「生クリームよりは、あんこの方がインパクトは強いと思うんですけど、味はどうなんですか?」
やってるみる? と訊いてマスター、冷蔵庫からあんこを持ってきて、女の子のコーヒーに入れる。
口にした女の子、再び悩ましげな表情になる。
マスター、それを見て、苦笑しながら「硬派過ぎるよね」と首を傾げる。
「まあ、でもよく考えたら、女性のお客さん少ないからね。おっさんウケするものを考えるよ。亜沙美さん、何か案ない?」
と、そこで女の子が手を挙げる。
「オムライスに私がケチャップで文字を書くっていうのはどうでしょうか?」
マスター、苦そうな表情を浮かべて、「胃がもたれそうだね」と呟くように。
「ちなみに、何て書くの?」
「人生には三つの坂がある、とか」
「硬派過ぎるよ」マスターがコーヒーを口にして、苦そうな表情を浮かべている。
窓の外では粉雪が舞って、二月のひとときが過ぎていく。
posted by flower at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶 ベダード   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。