2013年09月16日

太鼓

ふれ太鼓、と云うのをご存知だろうか。
何かを広く人に知らせる為の太鼓のことだが。
よく知られているのは、火事のときに鳴らされたものや大相撲の興行の始まりを伝えたものではないだろうか。
しかし、こうしたものとは逆説的な、悪い事の予兆として太鼓がひとりでに鳴りだした、と云う噺が私の田舎にはあった。
記憶では、貧しい生活を送っていた老夫婦が、山で遭遇した鬼に善行を施したところ、お礼に不思議な太鼓が贈られたのだが、それは天災や火事が近づくとひとりでに鳴りだし、村人を災難の及ばない場所へ誘い、命を守ったというものだった。そして老夫婦は、村の人たちから感謝され、幸せに暮らしたと云う内容だった。

そして、ここからは昨年遭った私の友人の話になるのだが。
「先日、嫁が子どもを連れて家を出ていった」と云う。
先日と云っても、その間に三度満月と新月が訪れ、季節は紫陽花の頃から蟲の啼き声が夜の闇に響く頃へ移った。
原因はここでは重要ではないので省くが、或る日、彼が帰宅すると半分ほどの荷物がなくなり、ただ、「さようなら」と書かれた紙だけが、ポツンと机の上に置かれていたそうだ。連絡を取ろうにも取れず、何とも遣る瀬ない日々を送っているとぼやいていた。
しかし、しばらくして、異変が訪れたのだと云う。
「嫁が置いていったものの中に、娘のおもちゃがあってね。電池式のものなんだが、触れると太鼓の音が鳴るやつが。それが、最近、ひとりで鳴るんだよ」
「何かの振動で鳴るのかな、と思って場所を移してみたのだが、やはり鳴る。それで柔らかいものの上に載せたのだが、それでも鳴る。仕方がないから、電池を外したんだけど、鳴るんだよ。と云うか、鳴っているようにオレの耳には聞こえるんだ」
「奇魅が悪いもんで、捨てようとも考えたんだが、娘のものだからと考えると、なかなか手放せなくてね」
「今もときどき鳴るんだよ。トントン、トントン、て」
友人はそう云うと寂しげな表情を浮かべて、大きなため息を吐きながら帰っていった。
ちょうどその頃私の周囲もバタバタしていて、彼の話しを忘れていたのだが、暫くしてまた、彼と遭遇した。相変わらず奥さんとは連絡が取れないのだそうだ。
「家を引越したんだ。家族用の広い家だったからね。がらんとした空間の中に独りで居ると、娘の描いた絵とか家族の写真とか、あの頃のものがありすぎて、何とも寂しさに潰されてしまいそうでね。妻と娘の帰りを待っていても、どうにも判らないし。だけど」
と、そこで彼は顔を顰めて云うのだ。
「引越した二日後、隣の家から出火して、延焼して、オレの住んでた家まで燃えてしまってね。普通ならちょうど寝ている時間だったから、もしかするとオレも火に包まれてたか、煙で燻されていたか判らないな」
消防署の調べでは、隣家の漏電が原因だったそうだ。
彼は神妙な顔で火事の話しをしてくれたのだが、ふと思い出したように
「引越しを考えていると、あの太鼓が鳴ったんだ。トントン、トントンと。何かをこちらに伝えるように」と云うのだった。
「離れていても、娘さんは君のことを想っていてくれたのかもね」
私は彼の言葉にそう返したのだが、彼は泣いてるような笑ってるような表情を浮かべていた。
その後彼はどうなったのか判らないが、幸せになっていたらと思う。
posted by flower at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

性癖

自分ではない誰かになってみたい、生きていれば、そう思うこともあるのだろう。
ただ、その女は、その願望が極めて強いひとだった。
或るときは、ネオン街の夜の蝶に。或るときは、異国の踊り子に。また或るときは、有能な社長秘書になった。
派手な化粧をして(或るときは控えめに)、艶かしい服を着て(或るときは地味な装いで)、その職業を演じた。
スノウビッシュに穏やかな言葉を並べるときも、また、その逆にヒステリックに感情が滲み出たようなときもあった。
そして、普段の控えめな彼女とは思えない存在に豹変した。
彼女曰く、「こういう状況の方が、燃え上がるじゃない」とのこと。
そして、「自分じゃない誰かの方が、自分の裡に潜む自分が現れるの」と。
女は、仮令どんな地味な装いであっても、ベッドの上では大胆に振る舞った。
口に含んだブランデーを口移しで寄越したり、私の着衣を手を使わずに脱がしたりした(どのような手法かはご想像に任せるが、とてもセクシーな行為だった)。

或る夜のことである。その日はずっと雨の音が街を覆っていた。
私たちは町外れのモーテルで、週末のひとときを過ごしていた。
そのときの彼女は娼婦のような恰好だった。
手の指には真っ赤なマニキュア。唇にも真っ赤な口紅。網タイツから見える足の指にも真っ赤な色が見えた。そして、マスカラとシャドーでアイラインを強調したメイク。
紫のブラウスに、紫のスカート。白く細い首には、銀色のネックレスが掛けられ、その細さに更なる魅力を与えていた。
女は言う「今晩は、ご指名下さり、ありがとうございます」と。
また、「今宵は、精一杯のおもてなしをさせていただきます」と。
女は艶やかな目で私を見つめたまま、顔を近づけ、軽く唇を重ねた。
柔らかい唇が三度、四度と接触し、不意に軽く唇を噛まれ、舌が挿し込まれた。
それに呼応して、女の指が私の顔を撫でる。
二匹の蛇が絡み合うように、私たちの身体が縺れ合う。
互いの指が、互いの肌の上を這い、あらゆる場所を刺激する。
耳孔、項、首、胸の膨らみ、太腿、臀部−−。
そして私の指が、女の最も敏感な部分に到達したときには、雨に濡れたように、潤いに充ちていた。
私は訊ねる、「いつの間に、こんなに濡らしたんだい」と。
女は答える、「あなたの唇に触れたときからよ」と。
そして、「あなただって濡れてるわ」と、私のそれを弄びながら濃密な口づけをした。
柔らかい唇と舌先による甘美な感触が私を包み込み、全身のどの部分への愛撫よりも淫らな気持ちへ導いていった。
女は言う、「ちょうだい」と、淫らな表情で。
女は仰臥した私の上に跨がり、自身の濡れた花びらで、先ほど口づけしていた部位を包み込んだ。
言葉にならない声が漏れた。

窓の外では雨の音がしていた。そして、この部屋の中には、雨に濡れたような、私たち二人の結ばれた情交が、ぴちゃぴちゃと響いていた。
posted by flower at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 淫詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。