2013年08月17日

宝くじ

マスター、ご機嫌そうに口笛を吹きながら店内に入ってくる。
それを見て、バイトの女の子「暑さでおかしくなったんですか?」と。
マスター、軽く笑って「ちょっといいことがあってね」と、煙草を取り出してくわえる。
女の子、「奇遇ですね。私もいいことがあったんですよ」と、グラスを磨きながら。
「亜沙美さんのは、食べもの? 誰かに焼肉に誘われたとか」煙草に火を点けて、吐く。
「違いますよ。食べものは当たってますけど、誘われてはいないです」
マスター、唸り声を上げながら「うなぎ、か、お寿司?」
「うなぎもお寿司も焼肉も好きですけど、私、そんなにこってり派じゃないですから。もっと、素朴で、オシャレな食べものです」女の子の頬が、少し膨らむ。
「メロン?」眼を細めて、首を傾げながら。
「残念でした。桃、です」
「あぁ、そう言えば、前にそんなこと言ってたね。桃、ね。田舎の」マスター、頷きながら。
「そうなんですよ。待ち遠しかったんですけど、田舎からようやく届いて、私的にはこれで夏本番です」女の子、息巻くようにして。
その様子を笑いながら、マスター、「もう、お盆過ぎたら、夏も終わりだよ」と。
ちょっとうんざりした様子で、「まぁ、いいんです。夏は短い方が」呟くように。
「ところで、マスターのいいことって何だったんですか?」
「宝くじが当たってね」とマスター、嬉しそうな表情を浮かべる。
女の子も、一瞬嬉しそうな表情を浮かべる。
「300円てオチじゃないですよね? いくらですか? 1000万円とか?」
「亜沙美さん、言っておくけど、オレ、そこまでくじ運ないから」若干の苦笑を浮かべながら。
「3000円。一応、3枚買ってだから、効率的にはいいよね」
「それでもいいですね。お寿司かうなぎ食べましょうよ」
「回ってるお寿司ならご馳走できるかな。うなぎは赤字になるからダメだけど」
「でも、珍しいですね。夏場は運気が下がるっていつも言ってたのに」
頷きながら、マスター、気持ち良さそうに煙草の煙を大きく吐き出す。
「まぁ、たまにはこんなこともあるんじゃない。
というかね、今回のは、ちょっと当たるかなって思ったんだよね。
この前、飲みに行ったときに、直前に古本屋で面白そうな本を買ったの。100円で。
で、飲み屋に行ったら、気前よく振る舞ってくれる御仁がいてね。お礼に、その本を上げたんだよ。そしたら、その本が気に入った、って2000円寄越してね。
悪いと思ったから、返そうとしたんだけど受け取ってくれなくて。それで、まぁ、せっかくだから半分は飲み代に回して、半分で宝くじを買ってみたんだよ。
何となく、こういうときって、いいことが続いたりするからね。
で、宝くじを買ったら、実際に当たったていう」
女の子、「わらしべ長者ですね」と感心しながら。
「そうだね、100円が3000円だからね。で、次はこれで馬券でも買ってみようかなとちょっと思ってるんだけど」
と、嬉しそうな表情を浮かべているマスターに対し、女の子の表情が曇る。
「たぶん、今までの展開でいくとそろそろ潮時なんじゃないですか。競馬は、大損しますよ。競輪とか、競艇とかも」
「かもね。じゃぁ、亜沙美さんは何に投資したらいいと思う?」
「もちろん、私ですよ。高いものを戴くほどに、貢献できるかと。回らないお寿司とか、高級焼肉とか」
「思いっきり赤字だね」と、マスターが失笑して、時計の鐘が鳴って。
昼下がりの窓の外には大きな入道雲が沸き上って。

posted by flower at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶 ベダード   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372263191
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。