2014年03月24日

燻製

煙草を吸いながら窓の外を眺めているマスター、「雪だね」と呟くように。
雑誌に目を落としていたバイトの女の子が顔を上げて窓の外を見る。
「一昨日はとても暖かかったのに、急ですね」
「まぁ、三寒四温の季節だからね」とマスター、煙草の煙を輪っかのように吐出して、視線を女の子の方へと移す。
女の子が少し恥ずかしそうに雑誌の記事をマスターの視線から隠そうとする。
「何かイヤラシイものでも読んでたの?」マスター、薄笑いを浮かべて。
「違いますよ」と女の子、慌てたように。
「食べもの? グルメなヤツ?」
「違うけど、少し近いです」
マスター、女の子の返事に、ふぅん、と唸ったような声を出して、首を傾げる。
「まぁ、食べものなんだね。亜沙美さんの読みそうなのって、名店ガイドとかスイーツ特集くらいしか思い浮かばないけど」
女の子、恥ずかしそうに唇を尖らせる。
「マスターって干物作ったことあります?」
「干物? アジとかホッケの?」
「そうです。何か最近興味あるんですよ。干物とか保存食に」
「昔、ちょっとだけやったことあるけどね。タイとかカレイとか。タイは鱗が面倒だったけど。カレイはわりと簡単だね。亜沙美さん、作ってるの? 干物?」
「一週間くらい前に、スーパーでアジが安かったんですよ。まぁ、あと、鮮魚コーナーのお兄さんがかっこ良かったってのもあるんですけど、勢いで大量に買ってしまって。家に帰ってどうしようかなと思ったんですけど、干物、って言葉が浮かんできて。それで何となくやってみたら意外と面白くて。最近魚を下ろすのが楽しいんですよ」
マスター、その言葉に思わず煙を漏らす。
「渋いよ、亜沙美さん」
「それで魚を下ろせるようになってきたら、何でもできるように思えてきたんですよ。糠漬けも、燻製も。で、今の目標は美味しい干物と糠漬けで朝食を作ることと、自家製のベーコンでモーニングを作ることなんです」と女の子。少し勝ち誇ったような顔で『これでプロの味! 保存食のコツ』と書かれた誌面を見せる。
誌面には燻製の行程が写真つきで説明されている。
「次は燻製に挑戦してみようかと」
マスター、またしても「渋いよ」と半笑いで言葉を漏らす。
「いいお嫁さんになれると思わないですか?」嬉しそうな笑みを浮かべながら。
マスター、首を傾げて「干物女子から、燻製女子って、いぶし銀過ぎて怖いよ。糠漬けでも、最近は結構面倒そうなのに」と。
「失礼ですね。燻製女子は糟糠の妻を越える存在ですよ」
「まさに煙たいだけのような」とマスター、煙草を大きく吸い込む。
そして、「愛も燻すほどに味が深まるんですよ」との女の子の言葉に、マスター、思わず咳き込んで、苦そうな笑みを浮かべる。
「どうだろう。燻された愛って。樹木希林的なものを感じるけど」
「素敵じゃないですか。私の憧れですよ」
「彼女は素敵だけど。あぁいう夫婦関係は大変そうだなと」
「大丈夫です。保存食ができれば、人生の何でも受け止められますから」
「逞しいよ、亜沙美さん」とマスターが苦笑して。
窓の外では雪が止んで、青い空が見えて。バイトの女の子が頬を膨らませて。
【関連する記事】
posted by flower at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 淫詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392506951
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。